ウール素材の判定試薬を開発

 カークリーニング作業で一番難しいことは、座席シートの素材の確認です。高級車にはウール座席シートがあります。見た目に殆ど判断できない難しい部分です。誤れば取り返しのつかない大変なことになります。カークリーニング作業で一番障害になっている部分でもあります。
 市販のウール試薬は難しく、時間がかかり専門知識・専門機器が必要です。

 「ウール判定試薬」は、素材に一滴付け1〜2分すると判別できます。現場で簡単にできる簡易試薬です。下の「判定前・判定後」をご参照下さい。

詳しくはメール等でお問い合わせください。 お問い合わせ Mail to

B 日焼け状態 A 日焼け無い状態
使用後状態 新品の状態
判定前 判定後
 ウール判定試薬テスト
 資   料 座席背もたれ
 テスト片 日焼けしたもの
 状  態(A) 日焼けの無い状態(座席背もたれ内側マチ)
 状  態(B) 日焼けした状態(座席背もたれ表部分)
 温  度 18℃
 経過時間 20分10秒
 
 
ウインドウを閉じる
 
copyright (C) Sanki Corporation. All Rights Reserved.